スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.03.19 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜
原題:LA MOME/THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF/LA VIE EN ROSE
paf2007年:フランス/イギリス/チェコ
上映時間:140分
監督:オリヴィエ・ダアン
主演:マリオン・コティヤール


ピアフのシャンソンは日頃耳にしていた。やっぱり彼女の歌はいい。
登場人物も多くて、見ている途中で混乱してしまったが良い映画だと思う。
彼女にとって歌う事、愛する事が全てで、辛い事や悲しい事うれしい事は愛するが故に起こってしまう。
最後に歌った「水に流して」の歌詞にあるように、後悔しない生き方を自分自身もしていきたいものです。


映画試写会『ボルベール<帰郷>』

volver
本日から封切りの映画ですが、先日試写会に行く事ができました。

原題volver

ペドロ・アルモドバル監督の新しい一面を
ペネロペ・クルス達女優陣が見事に表現していてよい映画でした。
この映画に出てくる魅力的な女性達がすてきで、ぜひまた見に行きたい映画。
音楽もいつもながらよいですなぁ。
 


宝塚劇場”エリザベート”雪組公演 観劇

えりざ

偶然にもぴあの先行予約で千秋楽のチケットが取れたので行ってきました。
先月にウィーン版のエリザベートを観劇しましたが、宝塚版はまた違った表現方法ですし、
違う組の公演を何度か見ているにも関わらず
みる度に新しい発見があったりして観劇のおもしろみを感じます。
また、今回は千秋楽という事もあってびっくり!な演技などもあって初見ながらも
すごい盛り上がりの中の公演を観る事が出来て良かったです。
新トップお披露目公演という事で、カンパニーの皆さんのパワーがこちらにも伝わってきてまたまた元気をもらって帰ってきました。

近頃はあまり歌劇の公演も観に行かなくなってしまったのですが、
興味深い演目などであればまた足しげく通ってみたいと思いました。




ウィーン版エリザベート 観劇

20070402
ウィーン版 ミュージカルエリザベート ウィーンオリジナルバージョン
ドイツ語上演<字幕スーパー付>

梅田芸術劇場にて観劇。
千秋楽が近いこともあってか上演前からロビーは熱気に包まれていました。
しかし、ここの通路は狭くて行くたびにうんざりします。

上演が始まるとすぐにエリザべートの世界に引き込まれていってしまい、
出演者の皆さんの歌声の素晴らしさにうっとりとしてしまうのでした。
何度聞いてもこのミュージカルナンバーっていいよな〜。
オーケストラメンバー&セットもウィーンからとあって、
良い作品を観劇する事が出来ました。
続きを読む >>

映画『プラダを着た悪魔』

devilプラダを着た悪魔- THE DEVIL WEARS PRADA -
監督:デヴィッド・フランケル
原作:ローレン・ワイズバーガー
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
音楽:セオドア・シャピロ
出演:メリル・ストリープ 、アン・ハサウェイ 、


ファッション界に君臨する女王ミランダと彼女のアシスタントになったジャーナリスト志望のアンドレアの仕事における闘いを中心にしてお話は繰り広げられる。
続きを読む >>

映画『武士の一分』

itibun武士の一分
監督:山田洋次
原作:藤沢周平
キャスト:木村拓哉、檀れい、
     小林稔侍、笹野高史、
     緒形拳、桃井かおり、
     坂東三津五郎、


一分(いちぶん)”とは、
人が命をかけても守らなければならない名誉や面目。

続きを読む >>

ジャン・レオンとワインフェスティバル

午後から2つのイベントに行くため梅田のホテルグランヴィア大阪へ

まず最初は映画鑑賞。

第13回大阪ヨーロッパ映画祭特別上映作品
『3055 ジャン・レオン』 監督/脚本:Agusti Vila

スペインバルセロナの近郊ペネデスで創設されたワイナリーの『Jean Leon』、
その創設者のジャンについてのドキュメンタリーな映画を見る。
サンタンデールで生まれた彼が密航者としてアメリカへ渡り、
タクシードライバーを経て、ハリウッドで出会ったジェームス・ディーンとのレストラン経営の計画途中に逝ってしまった彼との夢を一人で叶えて『ラ・スカラ』をオープン。
その後、世界中の人々を魅了するまでのワインをつくって行くようになる経緯を、
彼の血縁者や友人、ハリウッドの黄金時代に活躍した有名俳優のインタビューなどを交えていてとても興味深い内容でした。

映画館での鑑賞でなくホテルの宴会場の一室での上映でしたので、字幕部分が見えづらかったのが残念でした。


そして、場所を別の宴会場に移動。

第2回ワインフェスティバル
へ。参加費は二千円。

結構大きい広間の中では、既に大勢の人たちで賑わっている。
入り口でワイングラスを渡され、数件来てくれているブースにワインをいただきに行く事に。
まず最初は、ジャン・レオンのブースで白ワインを一杯。おいしいワインですね。

ワインばかりでは何ですので、フードチケットを購入し、チーズを購入。
空いてるテーブルで立食形式でワインの飲み放題をはじめる事にする。
ヒロ氏と交代で各ブース巡り。おいしいワインを求めて右往左往。人は一杯。

いつの頃から同じテーブルの人たちと、ワイン談義を始めてしまっていました!
来年海外で挙式の若い二人となぞの先輩一人と私たちの5人で盛り上がる上向き
盛り上がる!

最近良く思うのですが、おいしいお酒や料理を前にすると
年齢や地位など関係なく、楽しく時間を共有出来るのだと感じます。
続きを読む >>

世界のCMフェスティバル2006 IN OSAKA

cm1


10/14(土)22:00〜27:00

世界50か国から 500本のCMを観る

というイベントに今年も行ってきました。



今年のプログラムは、、、
○世界のサッカーCM特集
○カンヌ広告祭グランプリ作品
○韓国CM特集
○ソフトなゲイ&レズビアンcm特集
○アムネスティ・インターナショナルCM特集

この他にも傑作CMのメイキング中の映像や
毎年恒例の、スポンサーさんからの抽選会やバンドのライブパフォーマンス有りといったオールナイトのお祭りです。

cm2休憩中はペリエと麦焼酎が無料でふるまわれます。
今年は移動カフェが来てくれていました。(有料)
続きを読む >>

大阪ヨーロッパ映画祭 2006

06-10-12_08-45.jpg第13回大阪ヨーローッパ映画祭
のご案内が届きました。

関連イベント:11/3 〜 11/29
日本初上映 :11/23 〜 11/26

ヨーロッパ各国からの選りすぐりの映画が上映されます。

どの映画も見応えがありそう。
『ミラーマスク』というファンタジー映画が観てみたいですね。

他のプログラムに"チェコ映画回顧展”、"世界のCMフェスティバル(10/13.14)”
という興味深いイベントもあります。
ユーロシネマが好きなので、来月は忙しくなりそうです。


今宵はマドンナに魅了

マドンナ2006MADONNA
Confessions Tour
2006.9.16(土) 大阪ドーム/19:00〜

主催:TNA、朝日放送、朝日新聞社、FM802、WOWOW、ON THE LINE、キョードー東京


彼女のステージを観るのはこれで2回目、約19年ぶり。
約20分遅れで始まったライブ。
彼女を支えるミュージシャン、ダンサー等サポートスタッフも
超一流。
色々こちら側に訴え、ステージ下に降りて触れあったりしてくれて、広い会場なんだけど密着感を感じられる最初から最後まで楽しめる完成されたコンサートでした。

懐も深くいろんな引き出しの増えた彼女をみる事で、
私自身も、もっと向上して行きたいと思いました。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
 
3ミリ
レシピブログ  
おねがい
申し訳ありませんが、 画像の無断使用はお避け下さい。 ご使用の際には http://ameblo.jp/razoncorazon/ 内のメッセージコーナーよりmailください。 よろしくお願いします。 2008年からのブログは
 →http://ameblo.jp/razoncorazon/こちらをクリック!
でupしております。
amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
夜になるまえに
夜になるまえに (JUGEMレビュー »)
ハビエル・バルデム
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」